エントリーシート

エントリーシートは、オーディションを受けるために提出する書類選考用の応募シートです。まずはこちらに記入して提出するところから始まります。エントリーシートの提出は、インターネットからそのまま送付できる場合もあります。提出方法は事務所によっても異なるので、まずは確認してみましょう。

記入する内容は、赤ちゃんの名前や住所、趣味、特技というように、社会人用のエントリーシートと少し似ています。ただ、赤ちゃんの特技と言われても難しいかもしれません。この項目には、普段どんな遊びをしているかを親御さんがよく観察し、それを記入してあげれば良いでしょう。

エントリーシートは書類選考のための大切な応募書です。ここでミスがあったり記入漏れがあったりすると、オーディションを受ける以前に不合格となってしまいます。また、写真はできるだけ笑顔で明るめのものを送るのがポイントです。審査する方に良い印象を与えられるようなシートを作成しましょう。エントリーシートを送ると、早ければ1週間程度で合否の結果が送られてきます。ここで書類選考を通過できれば、晴れてオーディションを受けることができるのです。

エントリーシートの応募やオーディションは基本的に無料となっていることがほとんどです。気になる方はぜひ積極的にチャレンジしてみましょう。

赤ちゃんモデル

わが子を赤ちゃんモデルとして活躍させたいという親御さんは、まず「モデル事務所」と「一般公募」の2種類があることを知っておきましょう。モデル事務所とはスクールのようなもので、事務所に所属しながら表現力などのスキルを磨き、仕事の紹介をしてもらうという形式です。一度所属すれば、仕事やオーディションを紹介してもらえるのが大きな魅力でしょう。

参照資料<オーディション| テアトルアカデミー公式WEBサイト>
赤ちゃんモデルのオーディションを募集しています。

一方一般公募とは、事務所に所属するのでなく、単発で応募する形式になります。1つの商品にて赤ちゃんモデルを募集していることがあるので、そこに応募し、採用されればそのままモデルデビューとなります。ただし、あくまでも単発なので、その後の仕事の継続に結び付けるのは難しいかもしれません。

どちらの場合においても、基本的には書類審査後、オーディション、面接といった流れになります。この時に提出するエントリーシートで不合格になってしまう可能性もありますから、慎重に記入しましょう。

ちなみに赤ちゃんモデルの年齢制限は、受けるオーディションによっても異なりますが、生後2、3ヶ月~3歳の間程度と言われています。この期間を過ぎてしまうと赤ちゃんモデルとして応募するのは難しくなってしますので、早めに応募しましょう。

カレンダー

2017年5月
« 11月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031